いつもありがとうございます

ソーマダインをいつもご利用いただき

誠にありがとうございます。

 

微弱電流治療器 ソーマダインの専用の

ホームページを開設しました。

 

 

ソーマ通信の情報を掲載していきます。

ぜひお気に入りに入れてチェックしてください。

 

まだ作業中のページがあることご了承ください。

今後もよろしくお願いします。


ソーマダインとの出会いと名前の由来

 

ソーマダインはアメリカ合衆国バイオスペクトルニクス社の

ローレンザニエル博士の25年間にわたる痛みの管理を研究し、完成した治療器です。

 

 

ソーマダインとの出会いは1989年4月に真に効果のある治療器を販売したいという思いで

ロサンゼルスでのバイオスペクトロニクス社とのミーティングに渡米した時が始まりです。

 

 

ミーティングに臨む前に、日本にてザニエル博士が開発した共鳴の場理論や、

共鳴水アフターローションの効果は、ある程度検証していましたが

初めて治療器の性能をその場で確認することは容易ではありませんでした。

 

しかし幸運にも2ヶ月ほど前にスキーで怪我をした、左上腕の痛みが残っておりましたので、

ザニエル博士にソーマダインのプロトタイプで10分ほど治療していただきました。

 

当時当社が販売していました輸入品の微弱電流治療器での治療ではどうしてもできなかった腕立て伏せができたのです。

もちろん多少痛みはありましたが その時の驚きは今でもはっきりと覚えております。

 

そしてアフターサービスを完全とするため契約もライセンス生産方式にすることで合意しました。

 

ソーマダイン 「タイプT」 「リプロ」「コンバレス」「シリウス」「スーパーコンバレス」と改良を重ね

最新機種 「ソーマダインアクシー」を、完全国内生産しております。

 

プロトタイプは当初ザニエル・ダーマダインとネーミングされておりましたが

4種類のモードの一つソーマがラテン語の痛みを意味することを知ったので

痛みの治療器ということで、

Soma Dyne”ソーマダインとネーミングとしました。